乱用薬物10種スクリーニング 検査 (尿検査) 写真1

商品価格

25,720
検査キット詳細
結果までの日数7日(約1週間前後となります。)
メーカー
kensa.biz

習慣性薬物10種についての尿検査です。

◆検査内容の詳細◆
以下の検出対象薬物が尿中にあるかどうかを調べます。
◆検出対象薬物◆
・覚せい剤(※1):アンフェタミン、メタンフェタミン(ヒロポン)
・覚せい剤原料(※1):エフェドリン、メチルエフェドリン、ノルエフェドリン
・アヘンアルカロイド系麻薬(※2):エチルモルヒネ、コデイン、ジヒドロコデイン、モルヒネ
・コカアルカロイド系麻薬(※2):コカイン、ベンゾイルエクゴニン(コカイン代謝物)
・合成麻薬(※2):ジピパノン、デキストロモラミド、メタドン(メサドン)、ペチジン、オキシコドン
・幻覚剤(※2):MDA(メチレンジオキシアンフェタミン)、MDMA(メチレンジオキシメタンフェタミン)、フェンシクリジン
・大麻・マリファナ:THCカルボン酸体(大麻成分代謝物)
・フェノチアジン類:プロメタジン
・興奮剤・向精神薬:イソプレナリン、エチレフリン、カチン(ノルシュードエフェドリン)、ストリキニーネ、
・ドキサプラム、ベメグリド、ペンタゾシン、メチルフェニデート、メトキシフェナミン、チオリダジン
・その他:アセトアミノフェン、クロルフェニラミン、ジフェンヒドラミン、ベラパミル、リドカイン、ブロムフェニラミン
※1「覚せい剤取締法」の規制対象薬物
※2「麻薬及び向精神薬取締法」の規制対象薬物
◆検体◆尿
◆正常値◆尿中に対象薬物が検出されないこと

検査内容の詳細

我が国における中毒死亡例は、年間5000人余りで、
その底辺となりえる中毒患者数においては、100万人にも及ぶと推測されています。

現代社会での重大な問題の一つである、中毒性薬物、習慣性薬物の乱用は、
使用者の健康を害すると同時に、社会全体をもむしばんでいくことは、
だれの目から見ても明らかであります。

自身、友人、家族、職場における薬物分析は、
安全な社会の構築に必ず役立つと考えられます。

kensakitadmin

検査キット「乱用薬物10種スクリーニング 検査 (尿検査)」の特徴

尿検査のみで、薬物を検出するキットです。「覚せい剤取締法」の規制対象薬物や「真楽および「向精神薬取締法」の規制対象薬物をはじめ大麻や興奮剤など多くの薬物の検出が可能です。中毒になる前に薬物関与をやめさせることが本人にも社会にも大切です。

「乱用薬物10種スクリーニング 検査 (尿検査)」販売店の特徴

kensa.bizは検査キット通販サイトです。医療法人社団理仁会ツインタワーすみとクリニックの臨床データを理仁会予防医学研究所がまとめてたち上げたサイトで一般に知られている病気のほとんどを網羅しています。

「乱用薬物10種スクリーニング 検査 (尿検査)」の利用上の注意点(気をつけて使うべきところ、制限など)

ネットで検査キットを購入したら採取した検体をkensa.bizに返送します。結果はマイページにアップロードされます。 尿検査は朝一番の尿を3本採取してください。試験管のなるべく上まで尿をいれ、しっかりキャップをしてビニール袋にいれチャックをしたら封筒に入れます。これを速やかに郵便ポストに投函してください。

検査内容が類似している商品比較

同価格帯の商品

特集記事

検査項目

PAGE TOP