乱用薬物5種スクリーニング 検査 (尿検査) 写真1

商品価格

17,490
検査キット詳細
結果までの日数7日(約1週間前後となります。)
メーカー
kensa.biz

乱用されやすい5種の薬物についての尿検査です。

◆検査内容の詳細◆
以下の検出対象薬物が尿中にあるかどうかを調べます。
◆検出対象薬物◆
・覚せい剤(※1):アンフェタミン、メタンフェタミン(ヒロポン)
・アヘンアルカロイド系麻薬(※2):コデイン、ジヒドロコデイン、モルヒネ
・コカアルカロイド系麻薬(※2):コカイン、ベンゾイルエクゴニン(コカイン代謝物)
・幻覚剤(※2):MDA(メチレンジオキシアンフェタミン)、MDMA(メチレンジオキ シメタンフェタミン)、フェンシクリジン
・大麻・マリファナ:THCカルボン酸体(大麻成分代謝物)
※1「覚せい剤取締法」の規制対象薬物
※2「麻薬及び向精神薬取締法」の規制対象薬物
◆検体◆尿
◆正常値◆尿中に対象薬物が検出されないこと

検査内容の詳細

前出の薬物スクリーニング検査は10系統の薬物を検出するものですが、
この乱用薬物スクリーニングでは、その中からさらに頻度の高い5系統についての検査をします。

kensakitadmin

検査キット「乱用薬物5種スクリーニング 検査 (尿検査)」の特徴

この検査キットでは尿検査によって5種類の乱用薬物が尿中に含まれているか調べることが出来ます。
主な対象薬物は覚せい剤・アヘンアルカロイド系麻薬・コカアルカロイド系麻薬・幻覚剤・大麻となっており、多くが規制対象薬物に指定されています。

「乱用薬物5種スクリーニング 検査 (尿検査)」販売店の特徴

Kensa.bizは医療法人社団理仁会ツインタワーすみとしクリニックが診療経験から得たデータを基に、理仁会予防医学研究所にて保健衛生に関する様々な問題を幅広く研究を行っています。 性病検査から特殊検査まで幅広い項目の検査が可能な点が特徴です。

「乱用薬物5種スクリーニング 検査 (尿検査)」の利用上の注意点(気をつけて使うべきところ、制限など)

この検査では専用の容器に尿を採りますが、尿検体を3本作成する必要があります。 また、本検査サービスは医療機関外で行われる検体の自己採取による一次検査となっており、医療法によって他人の検体の採取は禁止されています。

検査内容が類似している商品比較

同価格帯の商品

特集記事

検査項目

PAGE TOP