安い検査順 検査項目が多い順

性器ヘルペスの概要

性器ヘルペスは、日本で推定70,000人ほどが感染する性感染症です。大きな特徴として、ウイルスが下半身の神経節に潜伏するため、一度感染してしまうと完全にウイルスを死滅されることが出来ないという点で、一度感染してしまうと厄介な性病の一つです。

主な症状・感染経路

主な症状としてはセックス後4日程度で、感染部に水ぶくれのようなものができ、患部が発熱し、水ぶくれがやぶれると患部がただれるといった症状になります。症状は女性のほうが深刻化する傾向があり、初回感染の際は非常に強い痛みを伴うことがあります。感染経路は、他の性病と同じくオーラルセックスやアナルセックスなどあらゆる性交渉で感染の危険があります。

性器ヘルペスの特徴と治療

他の性病と異なり、コンドームを使用しても、コンドームを使用していない部分が皮膚接触すると感染してしまう場合があるので、コンドームだけでは防ぎにくい性病でもあります。菌が完全に死滅しないため一度発症すると再発するリスクも高いですが、治療によりウイルスの増殖を抑えることによってリスクを下げることが出来ます。
ヘルペス(単純ヘルペス)のみ検査(1)

性器ヘルペス 検査 (性器皮膚又はおりもの) 男性向け

性器ヘルペス 検査 (性器皮膚又はおりもの) 写真1

商品価格

15,500
単純ヘルペス感染の可能性がある部位から検体を採取し、感染有無の判定を行うキットです。 感染が疑われる部位を直接検査する事で高精度でヘルペスが検出できるキットですが、1型・2型の判別を行う事はできませ
公開日: kensakitadmin

特集記事

検査項目

PAGE TOP