尿 一般細菌培養 検査 (尿) 写真1

商品価格

3,600
検査キット詳細
結果までの日数7日(約1週間前後となります。)
メーカー
kensa.biz

尿中の細菌(クラミジア・淋病以外)を培養検査にて検出します。 男女共に検査できます。

男女共に検査できます。

◆検体◆尿
◆検査項目◆尿中細菌
◆検査法◆培養法
◆正常値◆細菌陰性(-)
◆異常値◆細菌陽性(+)

検査内容の詳細

膀胱炎になったことがある人なら、お分かりになると思いますが、
尿路感染症の基本的症状は、排尿痛・残尿感・頻尿であります。

ただし、そういった症状が完成するには、ある程度、
原因菌の毒力の強さが必要です。

細菌の中でも、毒力(生物的活性)の弱いものの膀胱への持続感染では、
痛みという感覚が、あまり起こってきません。

その代り、頻尿や尿漏れといった状態が起こり易くなり、
特に、夜間頻尿が顕著に見られるようになります。

もちろん、本来、微生物がいない場所に、細菌が居続けるわけですから、
中には、微妙に尿道が痛いとか、排尿し終わった後に、尿道口が、
キューンと痛むということも起こりえます。

尿中に、クラミジアも淋菌もいないのに、尿路に、何だか変な感覚がある、
という方には、その原因を知る意味でも、
非常に有用な検査であると言えます。

kensakitadmin

検査キット「尿 一般細菌培養 検査 (尿)」の特徴

通常、尿路感染症にかかると排尿痛や残尿感があります。しかし感染した菌の力が弱い場合は痛みがあまり出ないのでそうと気づきにくいです。
本キットは、原因が思い当たらない頻尿や尿漏れ、尿路の違和感がある時に細菌感染の有無を検査できます。

「尿 一般細菌培養 検査 (尿)」販売店の特徴

検査結果はマイページにログインして閲覧する為、購入時には会員登録が必要です。検査結果は、検体がkensa.bizに到着してから1週間程度で判明します。結果が紙で必要な場合は、マイページの検査結果画面をプリントアウトできます。

「尿 一般細菌培養 検査 (尿)」の利用上の注意点(気をつけて使うべきところ、制限など)

検体として尿を採取します。 採尿は、必ず朝一番の尿で行って下さい。 検体の量が少なすぎると、検査を行う事ができません。容器(試験管)のなるべく上まで尿を入れるようにして下さい。 最後に試験管を入れるビニール袋は、しっかり封をして下さい。

同価格帯の商品

特集記事

検査項目

PAGE TOP